遺産相続の期限

親が亡くなったりしたときには遺産相続の権利が発生します。
兄弟など相続人の間で相談して、トリプルエックス遺産相続の手続きを行わなければなりません。
この手続きには期限がありますから、期限内に速やかに行うことが大切です。
一般的な手続きの期限について紹介しましょう。
家屋などは長男のように親と一緒に住んでいる人が相続するケースが一般ですから、相続放棄の手続きをします。
相続放棄は3カ月以内です。
また、相続には遺産もありますが負債もあります。
負債が多い場合には借金を背負うことになりますから、この場合も相続放棄となりますね。
それから、相続税の申告および納付は10ヶ月以内と定められています。
もちろん、納税の分割や延納、物納などもできますが、その手続きも10ヶ月以内です。
遺産相続を巡って、相続人の間で話し合いがつかないときには、これらの手続きを10ヶ月以内に行うことができないこともあります。
この場合には10ヶ月で一旦手続きをした上で、3年10ヶ月以内に訂正をすることができます。
いずれにしても、よくわからない時には弁護士に相談することが一番でしょう。
知り合いに弁護士がいるといいですね。
日常生活の中では、よほど財産がない限り遺産相続のことを考えたりしません。
しかし、遺産相続の手続きの期限は意外と短いのです。
そのことを知っておくだけでも、役に立つことでしょう。
親が遺言をきちんと残してくれていると助かることも多いようです。
元気なときに兄弟などと話し合っておくことも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です