TPPのポイント

TPPの憂うべきポイントについて紹介しましょう。
それはISD条項です。
各国が自国民のための安全、健康、福祉、環境について自国の基準を適用できなくなると言うことです。
つまり、アメリカが日本での営業がやりにくいとして国際標準に合わせるよう日本に要求できるのです。
日本にできることは、要求を呑むことか、または高額な違約金を払うことだけです。
例えば、国民健康保険はすべての日本国民が加入しています。
この制度のおかげで病院にかかった時の費用負担が少なくて済むのです。
しかし、アメリカにはこのような制度はありません。カリビアンドットコム
したがって、アメリカの保険会社が国民健康保険の制度を廃止しなければ自分たちが参入する余地がないと訴えることができるのです。
そうなれば裁判でも勝ち目はないでしょう。
これがTPPの治外法権と呼ばれているものです。
この話はインターネットにはたくさん出てきますが、政府民主党やマスコミからは出てこないのです。
これが本当のことかどうかではなく、その話がマスコミから流れないことが問題となっています。
政府だけではなく、マスコミもグルになってTPPに突き進もうとしているのでしょうか。
私たちの生活がどのようになるのかは、わからないことだらけです。
単に外国の安い商品を購入できると言った単純な話ではないのです。
そこのところを皆さんよく理解しておいてください。
新聞やテレビだけが情報源ではありません。
現代にはインターネットがあります。
ただ、インターネットの情報はどこまでが信用できるのか判断が難しいと言う難点がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です